訪問マッサージについて | 訪問マッサージとは

| 訪問医療リハビリマッサージとは
通院にご家族などの介助が必要な方、一人では通院が困難な方を対象に健康保険適用の訪問医療リハビリマッサージをおこなっております。 マヒ、こわばり、筋力低下、関節硬縮などにより日常生活でお困りの方、首肩腰膝などの痛みでお困りの方へ身体状況に合わせた個別施術をおこない症状を緩和いたします。
| 施術内容
    • 病院リハビリ勤務経験から受け継いだ効果的な訪問医療リハビリマッサージをおこなってます
    • リハビリ効果とマッサージ効果のWの相乗効果で症状の軽減とご家族の負担軽減を目指します!

      (痛みの緩和・ADL(日常生活動作)、QOL(生活の質)の向上・介護負担の軽減))

    • からだのバランス調整(ほとんどの方が左右のバランスが不均等になってます)
    • リハビリ機能訓練(ベッドからの起き上がり・立ち上がり・歩行・筋力強化など)
    • 頭皮マッサージ(認知症・パーキンソンの方は頭、首、お顔のマッサージにより

      動作・表情・言葉に改善がみられます)

    • フットケア(足のむくみ・足のひきつりをオリジナルの施術で改善していきます)
    • 経絡マッサージ(的確にツボをしっかりやさしく押していきます。内臓の働き

      もよくなり身体が元気になります)

| 当院マッサージの特徴


ご利用の方それぞれのご希望に応じた訪問医療リハビリマッサージを心がけています。 施術中にもしっかりとお話をお聞きして、ポイントを確認しながら進めていきます。 気になることなどは、いつでもお気軽にお尋ねください。
ゆっくりとやさしく丁寧な施術を行ってます。
痛みがなくなった、体が軽くなった、 マッサージの後に効果を実感されるように当院オリジナルの施術をおこなってます。
効果のある施術を行います。 しっかりと一人ひとりの症状にあった施術をおこなって痛みと症状を改善していきます。
痛む所を毎回しっかり確認してから施術を始めます「一番気になる」というポイントにしっかり手が届く施術を心掛けています。
人は右利き・左利きがあるように右半身の動きと左半身の動きには違いが出てきます。 日常生活動作(いつものテレビをみる時の姿勢(くせ)、イスに座っている時の姿勢(くせ) 仕事中の姿勢)で右半身と左半身痛のバランスは徐々にどちらか弱い方の筋肉が硬くなり、 血流が悪くなります。 それをほおっておくと疲れが取れにくくなり、ひどくなると痛みを発症し、血流の滞りは内臓の働きにも影響していきます。 当院の施術は滞った部分の血のめぐり、リンパの流れを改善するとともに左右のバランスを整えることにより全身の血のめぐりをよくします。それにより筋肉の張り、痛みを改善し内臓の働きも活発になり身体が元気になっていきます。
| 当院はりきゅうの特徴

長年の病院勤務ではりきゅう治療にたずさわってきた経験上、患者さまの実に9割近くの方の第一声が、「ハリは痛くないですか?」でした。その時は「痛くなく、効果が出るように工夫してやっていますから大丈夫ですよ」 「やさしく痛くないようにやりますね」「小学生でも普通に治療を受けている程度ですよ」など毎回のように答えていました。
  
鍼灸は例えるならすばらしい名刀です。それを使う施術者が未熟なら、どんなにすばらしい名刀でも役に立ちません。 鍼灸という名刀を使いこなせる名人になれば鬼に金棒で肩こり、腰痛に限らず、喘息などさまざまな病気にとても効果があります。


痛くない1mmの貼るはり、さまざまな痛みに効果があります。お子様でも全然平気です。


痕の残らないお灸は膝など関節の痛み、さまざまな痛みに効果的です。


鍼は使い捨て(ディスポ鍼)で利用者ごとに 取り替えて使用し、衛生的です。


ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ移動する